マック

会社ではパソコンのことを良く知っている人と思われており
特に古いマシン(UNIXマシンとかマック)を知っている人が少なくなるにつれ
古いマシンについては俺に聞けということになってきている
UNIXマシンもマックも古いので資産管理対象から外されているし
システム管理部門の管理対象からも外れている‥
要は古いソフトの確認の為に生き永らえされているのだ

確かにマシンは使いこなしてきたとは思っているが‥
それはアプリケーションに関してで、システムに関してはサッパリ判らない
マックはネットワーク(アップルトークとか呼ばれていた)は、とおの昔に断絶している
プリンターも最後の一台、無茶苦茶に遅い‥‥‥それもトナーがもう無い
去年の段階で「対応不能」と上層部には報告しておいたのだが‥‥

突然「木曜日までにマックのファイルを修正して印字したい」と我侭な要望が
マックドローのファイルをインパクトに変換してWindowsに取り込みVISIOに
変換すれば対処できるのだが三鷹のマックはMOドライブしか付いていない
マックとPCのMOドライブはフォーマットが違うので使えない
他の営業所にCDライター付きのマックがあるというのでMOに情報を書き込んで
他の営業所まで出張‥‥
‥‥128Mタイプの初期型MOドライブで、もって行ったMOを認識しない
(きちんとメディアを確認して128MのMOにしたのだがドライバーが違うようだ)
でもこのマックにはPC用MOを読み込むソフトが‥‥何故かPC用として読めるぞ
ただし、アプリケーションとの紐付けが消滅してしまう。

帰社して、このMOをマックとPCに入れると、どちらでも認識するぞ
マック用フォーマット済みとラベルしてある128MのMO(見つけるの大変だったんだぞ)
‥‥でもDOSでフォーマットし直してあるみたい
良く判らないけど我が営業所のマックのMOドライブは128MタイプだけはDOSフォーマット
を認識することが出来るようだ
今日の出張は何だったのだろうか
このMOは大事に取って置かないとな‥‥‥オレに聞くな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック