オートパワーオフ

タイムワープ撮影での電源問題で、どうしても納得がいかず
ウジウジと調査してみた。
大概のモバイルバッテリーには充電完了で電流値が低くなると
無駄な出力として自動的にスリープする機能があるようだ。
バッテリーに付いている釦は、スリープ解除のためにあるが
押したところで電圧が低ければ、再びスリープしてしまう
電流とか電圧とか、電気系は苦手なんだけどな。
IMG_20190922_080538.jpg
USBチェッカーを買ってきて計測してみた(電圧は5V)
内部バッテリーレス電源オフ:1mA
内部バッテリーレス電源オン+画面表示:400~500mA
内部バッテリーレス電源オンだけ:330mAぐらい
内部バッテリーを装着して
フル充電、撮影無し:15mA★
充電だけ:200~300mA
撮影+画面表示:500mA以上(外部電源優先)
撮影だけ:300mA~500mA(外部電源優先)

撮影中は問題ないが、撮影が止まると60秒程度でスリープ
装着時に、良く誤操作で撮影が止まるので
ミラーで撮影中ランプを確認するのだが…
この段階でバッテリーがスリープ
内部バッテリーを使い切る(停電)
外部バッテリーだけで撮影していると、瞬停で撮影停止して
またバッテリーがスリープ(停電)
内部バッテリーでのタイムワープ撮影は1時間40分程度持つ
撮影開始から1時間ほどで、外部バッテリーの給電状況を
チェックすれば問題は解決しそうだな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント