テーマ:

トレイニングコース

まだまだ自転車用の筋肉が出来ていないので今日は毎年恒例のトレイニング コースを走ることに 家から市境の裏道を抜け国道464の直線を駆け抜け印西牧の原から印旛沼へ そして新川(花見川)沿いのサイクリングコースで海まで出て 海沿いを家まで帰る1週約80kmのコース… しかし歳かな、たかだか80kmでヘロヘロになってしまった もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ゲイトブリッジ

>今日は穏やかな快晴との予報であったが、なんか暖かくならないな… チト肌寒いので上下ジャージで本年度初サイクリングへスタート 湾岸道路を西に進み、葛西臨海公園を抜け若洲海浜公園を走り 今年の2月12日についに開通した「東京ゲイトブリッジ」に到着 階段は8階分(展望ホールは9階)なのでそれほど苦ではない う~ん開通から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋番外2

夏休に出会った橋たちもこれで終わりかな‥というか瀬戸内海じゃないな 今回は京都近辺で、まずは嵐山の桂川にかかる「渡月橋」 京都も北西の外れの嵐山まで来ると非常に自然豊かとなります。 桂川もこの先はライン下りあり、その横をトロッコ列車が走る渓谷となります。 渡月橋‥パッと見た目は昔ながらの構造体かと思いきや、昔っぽく作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋番外1

日本の美橋といえば‥色々な橋の名前が出てくるが必ず入るのが岩国の「錦帯橋」 はじめてその名を見たのは何かの歴史小説で長州討伐の休戦交渉来た勝海舟が 「錦帯橋は見ておかないと」とあり、どんな橋なのだろうか思ったものだ 何はともあれ見に行ったが‥‥‥良いね~ 特に橋の下部構造が‥‥‥どうなっているんだろうか、伝統の技なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち15

今回は神戸淡路鳴門自動車道の淡路島~兵庫間の「明石海峡大橋」 (愛称パールブリッジらしいけど明石大橋としか聞いたことがない) 普通自動車ならば2300円、自転車/原付/歩行者は通行不能です この橋は満潮時桁下63M、総橋長は3911Mの吊橋です。 支柱の高さは65M、支柱間の長さは1991Mで世界最大だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち14

今回は神戸淡路鳴門自動車道の四国~淡路島間の「大鳴門橋」 普通自動車ならば1150円、自転車/原付/歩行者は通行不能です この橋は満潮時桁下63M、総橋長は1629Mの吊橋です。 鳴門(四国)側の橋のトラス構造の中には大鳴門橋遊歩道「渦の道」(大人500円) があり、橋の中ほどまで歩いて橋の下の渦等を観察すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち13

瀬戸中央自動車道の”瀬戸大橋”の後半戦 とは言っても2つの橋だけです‥とは言え瀬戸大橋中No.2とNo.2の長さをほこります 与島のPA~四国までを紹介します(下は与島のPAとループ橋) 与島~三つ子島の「北備讃瀬戸大橋」(吊橋)1611M 2本目の橋脚の根元に見える小さな島久が三つ子島です。 橋の上からはまったく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち12

さてと今回は瀬戸中央自動車道の”瀬戸大橋”‥ 瀬戸大橋は総称で、実際は5個の橋とその間をつなぐ高架からなり総延長は13.1kmもあります。 対岸(四国)がかすんで良く見えません また、2段構造で上が自動車専用道、下(トラスの中)がJR本四備讃線で電車が走っています ちなみに普通自動車で4100円もします(自転車は電車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち11

尾道を南東に海沿いに進み造船所の脇を抜けると「内海大橋」が見えてきます ‥‥‥橋とトンネルは真直ぐに作ってほしいのだけどな‥‥ 多分、橋脚を立てるのに良い浅瀬or岩盤の関係でこうなったのだろうが この橋は満潮時桁下30M、総橋長は832Mのアーチ橋です。 箱桁じゃなかくてトラスっぽい桁を使っていますね パッと見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち10

しまなみ海道のサイクリングコースとしては向島と尾道間は渡し舟で渡るようです。 何故ならば新尾道大橋は自転車や歩行者は渡れません、また尾道大橋は他の橋と違って 高速道路株式会社ではなく、国道のためのようです。 「尾道大橋」は普通自動車ならば150円、自転車/原付で10円、歩行者はタダ‥ この橋は満潮時桁下40M、総橋長は4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち9

しまなみ海道の第六の橋は因島と向島とをつなぐ「因島大橋」です。 普通自動車ならば700円、自転車/原付で50円、歩行者はタダ‥ この橋は満潮時桁下50M、総橋長は1270Mです。 尾道や三原への大型船の航路となっているのか高さは50Mもあります 橋桁部がトラス構造の吊橋です。原付/自転車/歩行者はこのトラスの中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち8

しまなみ海道の第五の橋は生口島と因島とをつなぐ「生口橋」です。 普通自動車ならば350円、自転車/原付で50円、歩行者はタダ‥ この橋は満潮時桁下26M、総橋長は790Mです。 ここ海峡は非常に複雑なためしまなみ海道では最も海面高が低くつるられている 橋脚より左の桁ははコンクリート製で、右は鋼製と複合構造なのが特色み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち7

しまなみ海道の第四の橋は大三島と生口島とをつなぐ「多々羅大橋」です。 普通自動車ならば800円、自転車/原付で100円、歩行者はタダ‥ この橋は満潮時桁下40M、総橋長は1480Mで世界最長の斜帳橋だそうです。 この橋下の海峡だけでなく伯方島と津波島との海峡もあるので少し低いのかな 少し霞んでるので向こう側のケーブルが見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち6

しまなみ海道の第二の橋の「伯方・大島大橋」です。 名前の通り大島と伯方島とをつなぐ吊橋です。 普通自動車ならば550円、自転車/原付で50円、歩行者はタダ‥ この橋は満潮時桁下32M、総橋長は840Mです。 橋の真横に鵜島があるので大型船の航路には向かないようです。 (上手くパノラマ合成できませんでしたけど、橋の向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち5

今回からは「しまなみ海道の橋シリーズ」で今治から尾道へと向かいます まずは「来島海峡大橋」で今治-馬島が第一、馬島-武志島が第二 武志島-大島が第三と実際は三つの橋からなります 普通自動車ならば1700円、自転車/原付で200円、歩行者はタダ‥ この橋は満潮時桁下65M、総橋長は4106Mもあり、これに橋にアクセスする ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち4

安芸灘諸島を結ぶ(現状)最後の橋「岡村大橋」 この橋は満潮時桁下21M、橋長が228M 手前の中の瀬戸大橋と形もサイズも非常に良く似ています 安芸灘諸島の橋はこれで終わりで四国側には接続していませんが 安芸灘とびしま海道とか裏しまなみ海道とも呼ばれ自転車も多いです 安芸灘大橋から東に数キロ行った所にある大芝島へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち4

安芸灘諸島を結ぶ五つ目の橋「平羅橋」 橋長が98.5Mと安芸灘諸島を結ぶ橋の中では最短‥高さは不明だが どうみても安芸灘諸島を結ぶ橋の中では最低だろう (この橋だけはフェリー等の航路から外れているみたい) そしてただひとつのコンクリート製の斜帳橋である そういえば、どの道も歩道は片側のみだが1箇所だけ逆側だったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち3

安芸灘諸島を結ぶ三つ目の橋「豊島大橋」(別名:アビ大橋) この橋は満潮時桁下50M、橋長が903Mあります。 安芸灘大橋より高いなと思ったら、ちょうど造船所からの航路になっているみたい 上蒲刈島側はトンネルから直で橋となるので、ちょっとドキドキものです。 橋脚間がこれだけあると、もう吊橋しか選択肢が無いのかな …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち2

本土と安芸灘諸島を結ぶ一つ目の橋「安芸灘大橋」 安芸灘諸島には7個(+1個追加予定)の橋があり入り口であるこの橋で料金 (片道普通700円、軽550円、自転車と徒歩は無料)を徴収しています。 入り口はここしかないのに入るのにも出るにも料金を徴収されます。 (全ての橋の料金をここで徴収していると考えて全ての橋を見に行きましょう) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海の橋たち1

瀬戸内海の島々にかかる橋たちを眺める旅に行ってきました。 橋が好きな人は是非見ていただきたい素晴らしい橋が沢山あります。 まずは本土と倉橋島を結ぶ国道487号線の「音戸大橋」 瀬戸内海の島々を結ぶ橋は大型船の通行のために非常に高く作られています この橋は満潮時桁下23.50Mあり海面際から橋まで島側はループで一気に昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免許更新

今日は会社を休んで鉄砲の免許更新へ‥ 3月11日に叔父から銃を譲り受けるべく新規譲受申請のときに面接をし (この面接中に震災に遭ったんだったな‥‥‥) それから先週末に一斉銃検でまた面接をして、今日更新申請で面接だ それも面接内容はまったく同じ‥‥‥時間の無駄だな ちなみに叔父から譲り受けようとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol26.3

今回の利根川の橋は「東武伊勢崎線利根川橋梁」からです。 手前が旧型で奥が新型のトラス橋なのかな お次は国道122号の「昭和橋」、古い橋は撤去済みのようで川中に橋脚だけが残っています。 現在は暫定の2車線だけど、見ての通りもう一本かけて4車線化されるようです。 昔は7連のアーチ橋だったようで、見ておきたかったな~ 埼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol26.2

埼玉県で利根川にかかる橋2回目 まずは「東北本線利根川橋梁」見事なトラス橋ですね 一直線でコンクリートの底板が無いタイプなので五月蝿そうです。 そいて少し上ると「東武日光線利根川橋梁」があります。 橋桁毎にトラス橋がかかっています、川の上は桁間の距離があるのでアーチ形となっています。 ここからは利根川を下りながら撮って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol26.1

いや~、すごく久しぶりな気がする橋のお話です。 今回は利根川も千葉県から離れ埼玉県(対岸は茨城~栃木)を進みます。 まずは国道4号線のバイパスの「新利根川橋」です。 現在は上り車線の2本目を建設中で、左から3番目の橋桁の上までしかありません 歩行者と自転車は土手上からしかアクセス出来ないので、道沿いを進んでくると 非常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol25.4

最近忙しくて話が、なかなか進まないな 国道6号を越えると普通に渡れる橋がやけに少なくなります。 まずはつくばエクスプレスの利根川橋梁、最新鋭の鉄道橋でとても静かです。 橋桁に随分と余裕があるけど、なにか増設する計画があるのだろうか こちらは常磐自動車道の「利根川橋」 そして県道47号の「新大利根橋」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol25.3

利根川の橋も第3回目、今日は「常総大橋」から 昔、猟へ行く早朝、この橋が見事に凍結していてヒヤリとさせられたことがあったな 千葉と茨城の県境の橋は少なく、特に国道は渋滞しやすいので県道を良く走っていたな あっいかん、ひたってしまった。 お次は国道408号の「長富橋」、霞ヶ浦でのバス釣や猟で最も利用した橋だ 車で走っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol25.2

さてと小見川大橋から少し遡上すると東関東自動車道の「利根川橋」です。 少し北の潮来ICで東関東自動車道は終了となります。 成田空港までは利用したことのある人は多いと思いますが、なかなかここまでは来ないかな ところで自動車専用道だとばかりと思っていたのだが、実は歩行者(自転車)も通れることが判明 土手上から土手上へしかつな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol25.1

さーてと、久しぶりの橋のお話新シリーズは利根川を遡上していきたいと思います。 まずは河口から1本目は国道126号線の「銚子大橋」、現在は架け替えの終盤のようだ 元々はトラス橋だったのだが、トラス橋はすでに撤去されスロープ部のみ が旧調子大橋で、川の上は新しい斜張橋が使用されています。 旧調子大橋の橋脚だけが水上に見えますね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol24

今回は手賀沼~手賀川にかかる橋を眺めてみましょう 県道8号(船橋我孫子線、我々は船取線と呼んでいるけど)が手賀沼の ど真ん中かを貫いている「手賀大橋」 吾妻橋(隅田川)をほうふつさせる複合アーチ橋ですね 片側2車線の計4車線(但し橋の南側の船取線は片側1車線だけど)の 堂々たる橋ですね 次は手賀沼と手賀川を隔てる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のお話Vol23外

こちらはお台場の東京港トンネル(首都高湾岸線)のうえにある「しおかぜ橋」 なんと木造アーチ橋である でもなんで、わざわざ木造にしたのか‥なんかイマイチなんだよな 場所が一気に飛びますが埼玉県水元公園の「水元大橋」 ややゴツ目の斜張橋だが、公園内なので歩行者専用です。 こちらは水元公園東側の出口にある「こうもん橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more